オゾン脱毛との比較

一昔前まで「永久脱毛=ニードル脱毛」と言うイメージが常識でしたが、現在は「激しすぎる痛み」、「高額費用」、「仕上がりや速度がエステティシャンのテクニックに左右されやすい」などのデメリットから、脱毛エステで行う光脱毛や医療機関の医療レーザー脱毛がメジャーになっています。このように脱毛方法にも色々ありますが、オゾン脱毛と言う脱毛方法も。。。

 

オゾン脱毛はイオン脱毛DAエッセンス、ビューティー・クリニカル・セーフティー・スペシャル脱毛(BCSS)、IOD脱毛などの別名で呼ばれることもありますが、総称すれば「非熱式脱毛」と言う脱毛方法で一切熱や針を利用しないことが最大の特徴です。熱や針を使わないのでエステティックサロンで行っても医師法違反に触れません。ジェル状のDAエッセンスを脱毛したい部位に塗布し、オゾンを専用マシンで噴射します。オゾンを噴きかけることによって、事前に塗っておいたDAエッセンスジェルが不活性化成分に変わると言うわけです。

 

続いて毛穴を開かせる為にマイナスイオンを噴射しますが、マイナスイオン効果で毛乳頭に不活性化済みDAエッセンスが染み込んでいきます。不活性化されたジェルには、毛根の成長速度を遅くしムダ毛を細くしたり薄くする効果をもたらす作用があります。熱を使う脱毛方法のように熱さに耐える必要もありませんし、ヤケドの心配もありません。痛みとも無縁で、日焼け肌でもOK、薄い毛や産毛も対応可能と言う特徴が注目されています。

 

ただしこの脱毛方法は実用化されたばかりなので、長期間施術を続けることで肌や人体にどんな影響を与えるのか未知数です。非常に実験的な脱毛方法な上、永久脱毛効果を得られるまでに長期間かかるとも言われています。