ニードル脱毛(高周波)との比較

手間暇かかるセルフ脱毛から解放される永久脱毛は、女性の憧れですよね。けれどプロにお願いする脱毛方法の永久脱毛レベルはそれぞれ差があります。ニードル脱毛は医療レーザー脱毛よりも光脱毛よりも永久脱毛効果が高いにも関わらず、一般女性にはあまり人気がありません…。その理由は麻酔を使わなければならない程の強烈の痛みと費用の高さでしょうか。同じニードル脱毛でも高周波脱毛、電気分解脱毛、ブレンド法と3種類の脱毛方法に分かれますので、まずは高周波脱毛の特徴についてご説明させて頂きます。

 

高周波脱毛は、ニードル脱毛の中でも痛みが少ない脱毛方法です。第一ステップ、第二ステップに分かれて作業を進めますが、第一ステップではムダ毛を除去したい部分に高周波を照射しムダ毛がスムーズに抜けるよう準備します。高周波を与えられたムダ毛は振動によって発熱し、発熱効果で毛根が縮小すると言うメカニズムです。

 

そして第二ステップで抜けやすくなったムダ毛を専用ピッカーで抜き去る、と言うのが高周波脱毛の手順です。医療レーザー脱毛やエステの光脱毛では対応不可能、と判断されることが多い色素の薄いムダ毛も施術可能ですし、医療機関だけではなくエステティックサロンで行われることもある脱毛方法だそうです。ホームケア用の高周波脱毛器も販売されていますから、既にお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。

 

ただし永久脱毛効果は一般的なニードル脱毛と比べると衰えますから、「それなら費用も手軽なエステの光脱毛の方が…」と考える方が多いようで、いまだにあまり人気がなく知名度も低い脱毛方法です。