ムダ毛が濃くなる食べ物??

ムダ毛をできるだけ薄くしたいなら、体毛を薄くする女性ホルモンと似た働きの大豆イソフラボンをたくさん含む食材を積極的に摂取し、男性ホルモンの分泌を促さないよう低インシュリン食品を好んで食べるような工夫が大切です。同時に、ムダ毛が濃くなる食べ物も避けましょう。

 

ムダ毛が濃くなる食べ物として要注意なのが、高インシュリン食品。インシュリンダイエット、と言うインシュリン数値の低いものを食べる減量方法もありますが、血糖値が上がりインシュリンが大量に分泌されると男性ホルモンの働きも活発になって体毛も濃くなる傾向があります。食パンやフランスパン、ロールパン、ベーグルなどパン類も危険ですし、精白米やビーフン、お餅やうどん、素麺、お赤飯、ラーメンも控えましょう。意外なことに、ヘルシー食材として知られている野菜類の中にも、インシュリン数値の高いものが少なくありません。例えばじゃがいもやニンジン、山芋、とうもろこし、長芋、カボチャ、里芋、栗などです。

 

甘いものも、加糖タイプの練乳やアイスクリーム、こしあん、つぶあん、飴、チョコレート、ドーナツ、キャラメル、ホットケーキなどはNGですから、スィーツが食べたくなったら大豆イソフラボンたっぷりのきなこ菓子を選びましょう。調味料もグラニュー糖や砂糖、水飴、はちみつ、メープルシロップなどもインシュリン数値が高く、意外なところでは胡椒も避けたい高インシュリン食品です。食べ物以外にも、不規則な生活やストレスは男性ホルモンを刺激し体毛を濃くすると言われていますから、脱毛時に苦労しないよう心身共に健康的な生活を目指しましょう。