最も古い脱毛方法って?

たかが脱毛されど脱毛…と言うことで、脱毛に関するお話をご紹介したいと思いますが、今回は「最も古い脱毛方法」について。現在脱毛エステで採用されている最先端技術はフラッシュ脱毛とも呼ばれる光脱毛ですが、脱毛の歴史を遡ってみると一番古い脱毛方法はニードル脱毛と言うことが分かります。

 

バブル時代を享受した女性たちもよく「ニードル脱毛に何十万円も払って痛みをこらえながら永久脱毛した」なんてエピソードを披露していますが、バブル時代どころかニードル脱毛に関する記述は今から120年前の書物に見つけることができます。最初はムダ毛のお手入れとしてはではなく、逆さまつ毛を治す為の技術だったようですが、体毛の成長を食い止めるニードル脱毛は瞬く間に世界中の女性を虜にしました。

 

けれど大金を払って契約した後でも挫折する方が続出したように、その痛みは強烈です。痛みを緩和する為の麻酔は医療機関だけに許される処置ですから、健康保険の効かない高額の自由診療を受けなければならない、と言う点も時代に取り残されてしまった理由の1つでしょうか。

 

自由に価格競争することができるのでどんどんリーズナブルなお値段になり、気軽に施術しやすい脱毛エステティックサロンの光脱毛とはかなりの差があります。ニードル脱毛は確実に永久脱毛することができますが、一般女性はグラビアアイドルのように徹底的に無毛状態にする必要もありませんし、高額費用を費やし痛みに耐えてまでニードル脱毛する必要性を感じないのかも知れません。