金属アレルギー体質向けの脱毛方法について

蕎麦アレルギー、牛乳アレルギー、花粉症こと花粉アレルギーなど、世の中には様々なアレルギー対象がありますが、もし金属アレルギー体質なら脱毛方法も限られてしまいます。もしかすると自分は金属アレルギーかも知れない、と自覚している方は、脱毛エステの光脱毛がオススメです。そして最も避けなければならない脱毛方法は、医療機関で行われているニードル脱毛です。

 

ニードル脱毛は高周波脱毛、電気分解法、ブレンド法と3種類に分類されますが、いずれの脱毛方法もニードルと呼ばれる針を使います。この針によって金属アレルギーを引き起こす恐れがありますから、ムダ毛が気になるような金属を使わない光脱毛の方が断然安心です。医療レーザー脱毛やブラジリアンワックスも金属アレルギー体質向きの脱毛方法ですが、いずれにしてもどんなマシンを使用するのかは各脱毛エステティックサロンによって違うので事前に金属アレルギーであることを打ち明け、施術可能か確認してから契約しましょう。

 

もちろん、金属アレルギー症状を引き起こしにくいとされるゴールドやチタン加工した針を使っているニードル脱毛サロンもありますが、やはりどうしてもニードル脱毛が必要、と言う場合以外避けた方が無難です。

 

また、アトピー性皮膚炎の場合症状が落ち着いた状態で施術する、と言うのが望ましくなりますが、やはり肌に不要な刺激をほとんど与えない光脱毛が向いているそうです。サロンによってアトピー性皮膚炎の患者さんを受け入れるかどうかは事情が異なりますが、いずれにしてもご自身の体質は細かいところまで最初のカウンセリングで打ち明けるのが重要ではないでしょうか。